ひょうご経済プラスTOP 経済 新型コロナ影響 神戸阪急、14日まで時短延長

経済

新型コロナ影響 神戸阪急、14日まで時短延長

2020.04.04
  • 印刷

 阪急阪神百貨店は3日、7日までの予定だった神戸阪急(神戸市中央区)の営業時間の短縮期間を14日まで延長することを決めた。西宮阪急(西宮市)は8日から14日まで再度営業時間を縮める(食品売り場がある1階は通常通り)。また神戸阪急や大丸神戸店(神戸市中央区)、山陽百貨店(姫路市)は、化粧品など複数店舗の4、5両日の臨時休業を決めた。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス