ひょうご経済プラスTOP 経済 西松屋チェーン、増収増益 2020年2月期決算

経済

西松屋チェーン、増収増益 2020年2月期決算

2020.04.02
  • 印刷
(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

 ベビー・子ども用品店の西松屋チェーン(兵庫県姫路市)が1日発表した2020年2月期決算(単体)は、売上高が25年連続で過去最高を更新したが、暖冬でセール処分品が増えて売上総利益が減り、経常、純利益とも大幅減となった。

 既存店売上高は前期比1・0%増。赤ちゃん用お尻ふきなどの消耗品や粉ミルクなどの食品が好調だった。新規出店41店舗と不採算店など39店舗の閉鎖で、期末の店舗数は1006店。天候不順や暖冬の影響で冬物衣料は伸び悩んだ。