ひょうご経済プラスTOP 経済 新型コロナ影響 3月の保証承諾件数、前年比6割増

経済

新型コロナ影響 3月の保証承諾件数、前年比6割増

2020.03.27
  • 印刷
神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 兵庫県信用保証協会(神戸市中央区)は26日、3月の保証承諾件数が前年の約6割増、金額が約7割増になっていると明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大による先行きの不透明感から、中長期的な運転資金の確保に動く事業者が多いという。

 3月2~25日の保証承諾は2659件(前年同期比61%増)、488億5103万円(同74・9%増)。事前相談は7866件(約2・8倍)に上り、コロナ関連が57・8%を占めた。瀬戸内海沿岸部を中心に製造、卸売り、運輸など幅広い需要が出ている。申し込みは増え続けており、杉本明文理事長は「職員の応援態勢を整備し、協会を挙げて対応する」と話した。

 2月の保証承諾は1901件(1・1%減)、305億7200万円(5・8%減)。信用金庫などの取り扱いが伸び悩み、いずれも3カ月ぶりに前年実績を下回った。(佐伯竜一)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス