ひょうご経済プラスTOP 経済 五輪延期で公式スポンサー困惑「何かを決められる状態にない」

経済

五輪延期で公式スポンサー困惑「何かを決められる状態にない」

2020.03.26
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックの延期方針を受け、兵庫県内の公式スポンサーや運営に関わる企業は対応に追われた。

 公式スポンサー、アシックス(神戸市中央区)の廣田康人社長は25日、「各方面での決定事項や方針に迅速に対応する。組織委員会などの関係者と連携しながら、引き続き大会の成功に向けて全力を尽くす」とのコメントを発表した。同社は日本選手団が着用する公式ウエアを2月に発表したばかり。ウエアは真夏の想定で、万一、シーズン変更となれば仕様変更が必要になる可能性がある。担当者は「情報が足りず、何かを決められる状態にない」と話す。