ひょうご経済プラスTOP 経済 阪急阪神百貨店 一部店舗で営業時間の短縮延長

経済

阪急阪神百貨店 一部店舗で営業時間の短縮延長

2020.03.21
  • 印刷
神戸阪急=神戸市中央区(2019年10月撮影)

神戸阪急=神戸市中央区(2019年10月撮影)

 阪急阪神百貨店は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、阪急梅田本店(大阪市北区)や神戸阪急(神戸市中央区)、阪神・御影(同市東灘区)、宝塚阪急(宝塚市)などの営業時間の短縮期間を、31日まで延長すると発表した。店舗ごとに開店を遅らせたり、閉店を早めたりする。

 一方、利用客の要望などを踏まえて短縮を終える店舗もあり、兵庫県内では西宮阪急(西宮市)とあまがさき阪神(尼崎市)の2店舗を25日から、通常の営業時間(午前10時~午後8時)に戻す。(前川茂之)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス