北播

  • 印刷
率直な思いに挿絵を添えた生徒のはがき=旭丘中学校
拡大
率直な思いに挿絵を添えた生徒のはがき=旭丘中学校

 兵庫県小野市古川町の旭丘中学校で、教諭が休校中の全校生徒341人に近況を尋ねるはがきを送ったところ、学校再開を心待ちにする返事が子どもたちから届いた。こいのぼりなどの挿絵とともに、近況が心を込めてつづられており、教諭らを安心させている。

 同校では今月14日、休校中の課題として手紙の書き方を説明した冊子を配布。教諭らは15日、近況を尋ねるはがきを生徒に送った。

 女子生徒は「飼い始めたカメの世話と学校の課題に一生懸命取り組んでいる」と返信し、ペットのカメも描いた。男子生徒は居間でテレビを見る自分の姿をスケッチし「一日でも早く普段の生活に戻ることを願っています」とつづった。

 国語を担当する教諭(47)は「学校に行きたいという声が多く、励みになった。相手を思ってじっくりと時間をかけて書いたことが分かる」と話していた。(笠原次郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ