北播

  • 印刷
とりめしを購入する女性=道の駅北はりまエコミュージアム
拡大
とりめしを購入する女性=道の駅北はりまエコミュージアム

 新型コロナウイルスによって苦しむ飲食店を支えようと、兵庫県西脇市寺内の道の駅北はりまエコミュージアムで24日まで、カフェや焼き肉店など市内の5店舗が、自慢の品を持ち寄って弁当にして販売している。初日の23日には届いた弁当が次から次へと売れていった。

 道の駅を運営するNPO法人北はりま田園空間博物館が「道の駅弁市」として急きょ開催した。21日には兵庫でも緊急事態宣言が解除されており、道の駅も大勢の人でにぎわった。

 黒田庄和牛のしゃぶしゃぶが評判の「けんしん亭」(西脇市黒田庄町大門)は、播州百日どりのとりめしを500円で提供。これを買った主婦(76)=西脇市=は「値段が手頃でおいしそう。これからも持ち帰りに協力したい」と話した。播州ラーメンひすい(同市高田井町)の持ち帰り3人前ラーメン(1500円)も人気を集めていた。

 午前9時~午後3時。道の駅北はりまエコミュージアムTEL0795・25・2651

(笠原次郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ