北播

  • 印刷
自分が気に入った衣装を着て出演する8人の参加者たち=加東市上三草、やしろ国際学習塾(加東文化振興財団提供)
拡大
自分が気に入った衣装を着て出演する8人の参加者たち=加東市上三草、やしろ国際学習塾(加東文化振興財団提供)
こいのぼりの生地を使ったドレスを着る加東市在住の女性=加東市上三草、やしろ国際学習塾(加東文化振興財団提供)
拡大
こいのぼりの生地を使ったドレスを着る加東市在住の女性=加東市上三草、やしろ国際学習塾(加東文化振興財団提供)

 兵庫県の北播磨ゆかりの60歳以上の男女が出演する「はりまコレクション」(はりコレ)の華麗なるファッションショーが、インターネット上で繰り広げられている。3月に加東市上三草、やしろ国際学習塾で開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い5月5日に延期に。さらに国の緊急事態宣言発令などによって同日も中止となったが、練習を重ねてきた参加者らの思いを形にと、本番前のインタビューや写真などを使って編集し、動画配信を始めた。関係者は「自宅で過ごすシニア世代が少しでも元気になれば」とアピールする。配信は31日まで。(中西大二)

 「はりコレ」は加東文化振興財団が企画し今年で4回目。出演者は8人で、2カ月近くプロによるメークやウオーキング指導を受けてきた。本番では自分のお気に入りの衣装を着てランウエーを歩く予定だった。

 動画は「はりまコレクション2020 輝く8の物語」と題し、公演開始予定だった5日午後2時から「メーキング編」も含めて配信をスタート。自分で選んだ衣装を着てポーズを取る写真などが展開され、出演者の内面から醸し出される美しさを伝えている。

 また、ウオーキングなどの指導をしたモデルの優子さんらが加東市特産こいのぼり「播州鯉(ごい)」の生地で作ったドレス5着をまとった作品集の動画も公開。「こいのぼりは邪気を払う意味も。感染症が一日も早く収束してほしいという願いを込めて」と関係者は話す。

 加東ケーブルビジョンでも28~30日に放送。こいのぼりドレス作品集の動画は、加東市在住の女性たちが出演するバージョンを放映する。動画は同財団のホームページから見ることができる。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ