北播

  • 印刷
「コロナ退散だるま」が描かれた招福多可応援符=糀屋稲荷神社
拡大
「コロナ退散だるま」が描かれた招福多可応援符=糀屋稲荷神社
新型コロナウイルスの収束を願い、祈とうに参加した町内の商工、観光関係者ら=糀屋稲荷神社
拡大
新型コロナウイルスの収束を願い、祈とうに参加した町内の商工、観光関係者ら=糀屋稲荷神社

 新型コロナウイルスの退散を祈願するお札と、兵庫県多可町内の飲食店などで使える商品券を兼ねた「招福多可応援符」が、20日から販売となるのに先立ち16日、同町中区糀屋の糀屋稲荷神社で祈とうがあり、商工や観光関係者15人が参列した。

 外出自粛で飲食店などが苦境に立たされていることから、同町商工会加盟店などが、持ち帰りメニューなどを応援する企画を展開しており、応援符はその第2弾。1枚5千円で販売し、収束までの期間中、5500円の商品券として、キャンペーン参加店36店(16日現在)で利用できる。

 町産の杉の木でできた応援符には、西脇市のイラストレーター斎藤公志郎さんによるだるまの図柄が入る。商品券としては500円ごとに利用でき、裏面にマス目がある。この日、同神社の山本義尚宮司らが、約千枚の応援符を前に、祝詞を上げるなどした。

 店舗での利用は7月1日からできる。それまでは、自宅でのお守りとして飾ることを薦めている。収束後に、応援符のたき上げの計画もある。

 多可町観光交流協会TEL0795・32・4779

(長嶺麻子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ