北播

  • 印刷
金岡保院長(右)にお守りを手渡す西部瑠菜さんと母親のまゆこさん(左から)=加東市民病院
金岡保院長(右)にお守りを手渡す西部瑠菜さんと母親のまゆこさん(左から)=加東市民病院

 新型コロナウイルス感染症の拡大で懸命に働く医療従事者に感謝の思いを伝えようと、兵庫県加東市の社小学校4年西部瑠菜(れいな)さん(9)が手作りのお守り85個を加東市民病院(加東市家原)に届けた。中には「がんばって」などと手書きした小さな手紙も添えられている。

 瑠菜さんは同感染症のニュースに触れる度に、病院で働く人たちに何かできないかを考えた。マスクや消毒液は売り切れていたため元気になれるお守りを作ろうと思い立ったという。

北播の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ