北播

  • 印刷
毎年、境内で子ども相撲が奉納される愉伽神社=小野市福甸町
毎年、境内で子ども相撲が奉納される愉伽神社=小野市福甸町

 兵庫県の加西、加古川との市境にあるこの地を訪ねると、迫ってくる山に秘境の感が漂う。渡り鳥のカモが群れる鴨池があり、かつては網を使ったカモ漁が盛んだったという。

 福甸という町名の由来ははっきりしていないが、「甸」には「郊外」や「狩りをする」の意味がある。播州平野の外れにあって、狩りが盛んだったから「甸」。さらに地元の愉伽(ゆが)神社は、町民に特別な「福」をもたらしてきた、と伝わる。

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ