北播

  • 印刷
神結酒造の関係者から甘酒を受け取る「グループホームたきの苑」の山崎恵美さん(右)=加東市下滝野(加東市提供)
神結酒造の関係者から甘酒を受け取る「グループホームたきの苑」の山崎恵美さん(右)=加東市下滝野(加東市提供)

 兵庫県加東市下滝野の「神結酒造」が、米麹のみで作った甘酒(180ミリリットル・千本)を加東市へ寄贈した。新型コロナウイルス感染症の影響で外出制限が続く中、同酒造の「お年寄りに心身の疲れを癒やしてもらおう」との思いを受け、同市は市内の各高齢者施設に甘酒を送り届ける。

 甘酒は「麹スイーツ、プドレ」と呼ばれる非売品。免疫力を向上させるブドウ糖がたっぷりの飲料で、お年寄りが飲みやすいよう米粒を細かく砕いている。同酒造の関係者は「新型コロナに打ち勝つ体力を維持してもらえれば」と言い、「事業者、市民、行政がともに力を合わせて困難を乗り越えましょう」とコメントした。

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ