北播

  • 印刷
闘竜灘の岩場で釣りをする人たち=加東市上滝野
拡大
闘竜灘の岩場で釣りをする人たち=加東市上滝野

 全国で最も早いアユ漁が1日、加古川中流域の景勝地、兵庫県加東市上滝野の闘竜灘で解禁された。例年、この日を待ちわび、多くの「太公望」が集まるが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で半分ほど。川開きの神事も市観光協会長ら少人数で行われた。(中西大二)

 竜の姿を連想させる闘竜灘はかつて「飛びアユ」の名所として知られた。岩場に行く手を阻まれて跳びはねるアユを網で捕まえていたという。解禁日が早いのは、江戸時代に姫路藩主に初物のアユを献上していた名残とされる。

 現在は天然アユが減ったため、加古川漁業協同組合(西脇市)が稚魚を放流。この日は稚アユ約2万1千匹を放った。同漁協の渡辺昭良組合長(81)は「最近は新型コロナの暗いニュースばかりだが、季節の明るい話題を提供できたと思う」と話していた。釣りには遊漁証が必要。同漁協TEL0795・22・2572

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ