北播

  • 印刷
丹波篠山市にあった大芋村に起源があるとされる岩窓神社=小野市久茂町
丹波篠山市にあった大芋村に起源があるとされる岩窓神社=小野市久茂町

 加古川を下る水の音が聞こえてきた。久茂町の名はは丹波の大芋村(現在の兵庫県丹波篠山市福井)に由来すると言われる。加東郡誌によると、大芋村の櫛岩窓神社のご神体が洪水で流され、篠山川と加古川を経て久茂町に流れ着いた。ご神体を拾った村人が岩窓神社を建て、大芋村にちなんで集落名を付けたとされる。

 櫛岩窓神社を巡っては、加東市上田の大芋神社にも似た伝説がある。櫛岩窓神社から鳥居に掲げる「神額」が洪水で下流の上田村に流され、これを拾った村人が社殿を造って大芋神社を創建したというのだ。

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ