北播

  • 印刷
小野市役所=小野市王子町
拡大
小野市役所=小野市王子町
加東市役所=加東市社
拡大
加東市役所=加東市社

 兵庫県加東市は30日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、6日までとしていた小中学校の臨時休校期間を31日まで延長することを決めた。

 期間中は小中学校とも登校日を設けず、中学校の部活動も行わない。市学校教育課は「今後は夏休みを減らして授業日を確保することも検討する」としている。

 一方、同市では現在、加東ケーブルビジョン(ケーブルテレビ)を使った授業に取り組んでいる。小中学校の教諭が教壇に立ち、カメラに向かって講義した素材を放送している。2日までだったので、中学校は国語など5教科について追加で収録。計90時限分をケーブルビジョンと各学校のホームページで12~29日に放送し、配信する。小学校についてもケーブルビジョンなどを活用し学習を支援していく。

 小野市教育委員会も30日、臨時校長会を開き、県の方針に沿って小中学校の休校延長を5月末までとすることを決めた。(中西大二、笠原次郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ