北播

  • 印刷
長野県の日本酒蔵元から小野市民に贈られた酒かす=小野市役所
拡大
長野県の日本酒蔵元から小野市民に贈られた酒かす=小野市役所

 兵庫県小野市産の山田錦で日本酒を造っている長野県辰野町の小野酒造店が、酒かす75キロを同市に寄贈した。ビタミンや食物繊維が豊富で体を温めるとされる健康食材。「免疫力を高め、新型コロナウイルスに負けない体を作ってほしい」との願いを込めている。

 小野酒造店は2018年、小野市産の山田錦だけで造った「日本酒おの恋生一本純米吟醸」と「同純米大吟醸」を相次いで発売し、ワインのように香り高い高級酒として人気を集める。

 小野能正社長(62)は「名字と市名が同じで人ごととは思えない。山田錦の産地としてお世話になっている小野に恩返しを」との思いで、4月8日、1キロ入りの酒かす75袋を送料も負担して同市に届けた。

 市はこのうち30キロを学校給食用に確保。市内の保育所や特別養護老人ホームなど計18施設に1~4キロを配った。同感染症で重症化が懸念される高齢者と、休校によるストレスが心配される子どもたちに届くよう、配布先を選んでおり、一部は既に調理に使われた。

 日本酒の醸造で小野酒造店と連携した市観光交流推進課の山中晃さん(31)は「日本酒を通じた縁ではるばる長野から送っていただきありがたい」と感謝し、「こんな時だからこそ酒かすを使った料理で子どもや高齢者が笑顔になる時間が増えれば」と話していた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ