北播

  • 印刷
列車の通過に合わせて、慰霊碑に手を合わせる関係者たち=加西市網引町
拡大
列車の通過に合わせて、慰霊碑に手を合わせる関係者たち=加西市網引町
事故現場に建てられた慰霊碑の除幕式=加西市網引町
拡大
事故現場に建てられた慰霊碑の除幕式=加西市網引町

 太平洋戦争末期に兵庫県加西市網引町の旧国鉄北条線(現北条鉄道)で、列車が脱線・転覆した事故から丸75年を迎えた31日、事故現場に建てられた慰霊碑の除幕式があった。関係者による長年の尽力が実を結んだ形で、関係者21人が参列。式の後、列車の通過に合わせて12人の犠牲者に祈りをささげた。(小日向務)

 事故は1945(昭和20)年3月31日、北条線網引駅西方で起きた。旧姫路海軍航空隊鶉野飛行場(加西市)から飛び立ち、訓練飛行中の戦闘機「紫電改」が線路に不時着してレールが変形。海軍工作兵や住民で満員だった列車が直後に差し掛かり、脱線・転覆した。犠牲者には2歳の幼児3人やパイロットも含まれていた。

 慰霊碑は縦12センチ、横21センチ、高さ1メートル。遺族らから「後世に事故や現場のことを伝えてほしい」との要望があり、遺族関係者や北条鉄道が事故現場の線路横に建立した。「列車事故殉難の碑」と記され、事故の発生日、建立日なども彫られている。

 この日は、午後4時半から除幕式があり、読経の声が響く中、当時の乗客や北条鉄道の関係者らが焼香した。

 事故列車に乗っていた男性(83)=兵庫県加東市=は、同県福崎町にあった親戚の家から姉と同県小野市の自宅に帰る途中だった。「ちょうど75年の節目。乗客の一人として大変ありがたい」と感慨深げだった。

 これまで構想はあってもなかなか実現しなかったという。建立に尽力した郷土史研究家の男性(81)=同県高砂市=は「この機会を逃せば、石碑の建立はできなかったと思う。やっと晴れて殉難の碑ができ、亡くなった人も喜んでいるのではないか」と話していた。

北播の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 30℃
  • 17℃
  • 30%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ