北播

  • 印刷
小林祐梨子さん
拡大
小林祐梨子さん
山口衛里さん
拡大
山口衛里さん
(左から)佐野正人さん、中嶋千里さん
拡大
(左から)佐野正人さん、中嶋千里さん
(左から)濱本泰秀さん、杉原大輝さん
拡大
(左から)濱本泰秀さん、杉原大輝さん

 東京五輪で聖火ランナーの走るコースが12日、明らかになった。兵庫県の北播磨では小野市と加東市を走る。小野市には北京五輪5000メートルに出場した小林祐梨子さん(31)=加古川市=らが、加東市は同市出身で、2000年シドニー五輪女子マラソンで7位入賞の山口衛里さん(47)=岡山市=らが市民ランナーと共に5月24日、夢の舞台を駆ける。

 小野市は、市新庁舎(中島町)をスタートし、小野希望の丘陸上競技場アレオ(浄谷町)でゴールする2・7キロのコース。古里を駆ける小林さんは「友人も見に来てくれると思う。よい走りで元気を届けたい」と意気込む。高砂市の会社員佐野正人さん(58)は小野での出場が決まり下見に訪れた。「走りやすそうなまっすぐな道。小野に選ばれたのも何かの縁。元気いっぱいに走る」と期待を込めた。

 肺がんを克服した多可町八千代区下野間の会社員中嶋千里さん(55)は、小野は祭りの花火が華やかというイメージがあるといい、「元気になったのは家族や友人のおかげ。感謝を込めて走る」と笑顔を見せた。

 加東市は北播磨県民局(社)から同市役所前(同)の約2・2キロ。同市を走る山口さんは旧滝野町出身で「古里を走ることができて今から楽しみ」と喜ぶ。今も実家がある同市を訪ねるといい「五輪に出場した時はまち全体が応援してくれた。今度は恩返しする形で走りたい」と話す。

 加西商工会議所会頭の濱本泰秀さん(62)=加西市=は、隣接する加西市の代表が加東市を走ることには「意義がある」と言う。「加西と加東の架け橋となって駆け抜ける」。「学校があるまちを走ることができてうれしい」と話すのは兵庫教育大付属中学2年の杉原大輝さん(14)=多可町。難病と闘う同級生に加東市を走ると報告した。「彼の思いも胸に走りたい」と当日を心待ちにしている。(中西大二、笠原次郎)

北播の最新