北播

  • 印刷
最終審査に残り、レシピに基づく料理を手にする応募者=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
拡大
最終審査に残り、レシピに基づく料理を手にする応募者=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
プロの料理人が試食した最終審査=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
拡大
プロの料理人が試食した最終審査=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
にしわきレシピコンテストで最優秀になった大垣菜摘さんの「わんぱくマンガ肉」=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
拡大
にしわきレシピコンテストで最優秀になった大垣菜摘さんの「わんぱくマンガ肉」=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
にしわきレシピコンテストの審査員特別賞となった佐藤はるかさんの「もて・もっち れんこんまんじゅう」=西脇市茜が丘複合施設みらいえ
拡大
にしわきレシピコンテストの審査員特別賞となった佐藤はるかさんの「もて・もっち れんこんまんじゅう」=西脇市茜が丘複合施設みらいえ

 北播磨の地域食材を使ったレシピの出来を競う「にしわきレシピコンテスト」の最終審査が15日、兵庫県西脇市野村町の市茜が丘複合施設みらいえであり、最優秀賞に黒田庄中3年大垣菜摘さんの「わんぱくマンガ肉」が選ばれた。審査員特別賞は、西脇工業高2年佐藤はるかさんの「もて・もっち れんこんまんじゅう」だった。

 西脇市などが「我が家のおもてなし料理」をテーマに募り、277点が集まった。最終審査にはほかに、金ごまどら焼き▽百日鶏と酒かすのクリームパスタ▽金ごまとやしろ茶のモンブラン-の3点が進出した。

 どの料理も地域や食べる人への愛情が詰まっており、試食したプロの料理人ら審査員5人は「どれもほぼプロの料理。味も見た目も順位をつけがたい」と、苦心して点数をつけていた。

 大垣さんは「母親の作るハンバーグが大好きで、両手でかぶりついてみたい」という思いで発案した。鶏の手羽元2本をミンチ肉でつなげ、黒田庄和牛の薄切りを巻き付けた料理で、「大胆に食べてもらいたい」。料亭顔負けのレシピを考えた佐藤さんは「祖母が正月に作る料理を参考に、金ごまなどでアレンジした」と話した。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ