北播

  • 印刷
元日に浦安の舞を披露した女児たち=糀屋稲荷神社
拡大
元日に浦安の舞を披露した女児たち=糀屋稲荷神社
元日に浦安の舞を披露した女児たち=糀屋稲荷神社
拡大
元日に浦安の舞を披露した女児たち=糀屋稲荷神社

 兵庫県多可町中区糀屋の糀屋稲荷神社で1日、中町南小学校(中区森本)の児童7人が浦安の舞を奉納した。毎年10月の秋祭りと共に、2016年から元日にも披露するのが恒例に。午前と午後の2回に分かれて厳かに舞い、新年を祝った。

 午前中の「歳旦祭」では氏子総代ら11人が参列し、参拝者も周りから静かに見守った。山本義尚宮司が、祝詞の奏上や玉串の奉てんといった神事を執り行った後、巫女の装束姿をした女児4人が、前半に扇、後半に剣と鈴を手にして約10分にわたって舞った。緊張した面持ちながら、呼吸を合わせてゆったりとした動きを見せ、稽古の成果を披露した。

 児童は秋祭りに向けて10回以上練習し、元日に備えて再び動きを確認し合ったという。同小6年の女児(11)は「太鼓の音に合わせ、細かいところまで動くタイミングを意識した。すっきりした気持ちになれた。悔いのない1年を過ごしたい」と語った。(井川朋宏)

北播の最新
もっと見る