北播

  • 印刷
最後となった仕事納め式で、市長の訓示を聞く小野市職員=2018年12月28日、小野市伝統産業会館
最後となった仕事納め式で、市長の訓示を聞く小野市職員=2018年12月28日、小野市伝統産業会館

 働き方改革の一環として、仕事納め式を取りやめる動きが、北播磨の自治体でも広がっている。兵庫県小野市は今年から廃止し、5市町で実施しているのは西脇、加東の2市と少数派になった。西脇市も「他市の例を見ながら検討する」としており、今後、廃止の動きが広がる可能性もある。加西、多可は長年開いていない。

 県内で仕事納め式や仕事始め式を廃止する自治体が増えてきていることから、小野市は5日、仕事納め式の廃止を決めた。「仕事始め式に一本化する」として長期休暇の取得を呼び掛けたところ、約20人の職員が早めの年末年始休暇を申請したという。

北播の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • 2℃
  • 40%

  • 6℃
  • 0℃
  • 90%

  • 9℃
  • 3℃
  • 30%

  • 8℃
  • 1℃
  • 50%

お知らせ