北播

  • 印刷
デザインが決まった東条地域小中一貫校の制服=加東市岩屋(加東市提供)
拡大
デザインが決まった東条地域小中一貫校の制服=加東市岩屋(加東市提供)

 兵庫県加東市が同市東条地域で建設を予定している小中一貫校の制服デザインが決まった。ブレザーやズボン、スカートについて、男女の区別なく選択できるようにしている。

 小中一貫校は東条東小、東条西小、東条中を統合し、東条文化会館(加東市天神)の隣に校舎を新設する計画。開校準備委員会の標準服等検討部会が議論を重ね、5種類の制服からおおむね2種類に絞り込んだ。その後、両小の6年児童や東条中の教諭、保護者らがブレザー、ズボン、スカートと個別に投票。最も票が多かったものを組み合わせて制服に決めた。

 ブレザーは紺色。襟もとにステッチが入り、ズボンやスカートはチェック柄になる。ストライプの入ったネクタイとリボンは8、9年生(中学2、3年生)から着用する。学年に応じてハーフサイズのズボンも用意。上下ともに動きやすいよう伸縮性の良い素材を使い、機能性にも優れているという。洗濯機で丸洗いすることもできる。

 インナーは5~7年生はポロシャツ、8、9年生はワイシャツを着用するが、夏場はポロシャツとの併用も可能としている。(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ