北播

  • 印刷
男子・西脇南の5区三木拓実選手(左)から、たすきを受け取る6区松原昂大選手=加古川運動公園陸上競技場
男子・西脇南の5区三木拓実選手(左)から、たすきを受け取る6区松原昂大選手=加古川運動公園陸上競技場

 東播地区中学校駅伝競走大会(神戸新聞社後援)が3日、兵庫県加古川市西神吉町鼎の加古川運動公園陸上競技場周辺コースであった。6区間18キロを走った男子は氷丘(加古川市)が連覇を果たした。5区間12キロの女子は稲美(稲美町)が6年ぶりに優勝。北播勢の女子は小野が3位に入り、上位8校に与えられる県大会(16日、豊岡市)の出場権を獲得。男子の西脇南は9位で、あと一歩のところで県大会を逃した。三木勢の成績は、男子の最高位が三木東の11位、続いて自由が丘の14位だった。女子の最高位は自由が丘の7位で、次に緑が丘の13位だった。(小森有喜)

■男子・西脇南9位 県大会出場逃す

北播の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ