北播

  • 印刷
福島県本宮市へ災害支援のふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」の専用フォーム=西脇市役所
拡大
福島県本宮市へ災害支援のふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」の専用フォーム=西脇市役所

 全国各地で「へそ」や「中心」を名乗る自治体でつくる「全国へそのまち協議会」(事務局・兵庫県西脇市)は、台風19号で被災した、加盟市の福島県本宮市と栃木県佐野市に、救援物資の送付を始めた。また、西脇市は、被災した両市へのふるさと納税(災害支援寄付)の受け付け代行も実施している。

 本宮市は、河川が氾濫して市街地で大規模な浸水被害があり、犠牲者が出た。佐野市も堤防の決壊で家屋の浸水が相次いだ。復旧作業に追われる両市の要望に基づき、最も近い群馬県渋川市が協議会を代表して、土のう袋や軍手、バスタオル、シャンプーなどの物資を順次、送っている。

 また、両被災市へのふるさと納税は、ポータルサイト「ふるさとチョイス」内の災害支援寄付専用フォームで受け付ける。このシステムで西脇市は寄付金受領証明書の発行業務などを代行し、寄付金の全額を送金する。災害支援のため、特産品などの返礼品はない。

 同協議会は1997年に設立され、現在は北海道から沖縄までの10市町村が加盟。2011年には、災害時の物資の提供など、相互応援を定めた覚書を締結していた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ