北播

  • 印刷
長嶺麻子
拡大
長嶺麻子

 先日、西脇小学校(兵庫県西脇市)で開かれた「ゾリンピック」は、子どもから大人までが、廊下の雑巾がけをしてタイムを競うシンプルな戦い。だが、コースは50メートルと長く、途中で疲れてしまう子が続出した。一方、チーターのように鋭い眼光で走り抜ける精鋭たちもいて見ものだった。

 映画やドラマのロケ地にもなった、昭和初期建築の木造校舎がレース会場。取り壊し方針から一転、卒業生らの声もあって着手した保存改修工事が完了したばかりだ。在校生や卒業生だけでなく、校区外の児童や市内在住外国人の姿もあり、多彩な顔ぶれがそろったのも特徴的だった。

 公立小学校は言うまでもなく教育の場であり、公共施設でもある。多額を投じ、建築当時の意匠を残して改修したのは、郷愁の念だけではないはず。地域のシンボルとしての学校のあり方を、絶えず問われる存在にもなるのだろう。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ