北播

  • 印刷
離乳食を作り、赤ちゃんに食べさせるネパール人研修生のスシラ・バセル・サルキさん(左)=加東市役所
離乳食を作り、赤ちゃんに食べさせるネパール人研修生のスシラ・バセル・サルキさん(左)=加東市役所

 草の根の国際交流を続けるPHD協会(神戸市中央区)を通じて、4年前からアジアや太平洋地域の研修生を受け入れている兵庫県加東市で、ネパール人女性が実習を始めた。小学校など教育現場で学び、さまざまな体験を母国での女性の地位向上などに役立てるという。

 研修生はスシラ・バセル・サルキさん(23)。母国では5歳の長男を育てながら、ソーシャルワーカーとして会計管理やプロジェクトのファシリテーターなどを務める。今春、初来日し、日本各地の教育現場を訪ねるほか、保健衛生や栄養について学んでいる。

北播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ