北播

  • 印刷
電子回路を組み立てる各種大会で優秀な成績を残した(左から)中西琢磨さん、井上博貴さん、服部忠さん、藤本健矢さん=小野工業高校
拡大
電子回路を組み立てる各種大会で優秀な成績を残した(左から)中西琢磨さん、井上博貴さん、服部忠さん、藤本健矢さん=小野工業高校

 兵庫県小野市片山町、小野工業高校のコンピュータ部員4人が、電子回路を組み立ててプログラムを動かす各種大会で優秀な成績を収めている。電子科の2、3年生で、授業で習うよりはるかにハイレベルな技術を部活動で習得し、全国大会での銅賞、近畿大会の優勝、県大会上位につなげた。

 2年で副部長の井上博貴さん(16)=小野市=は、5月に尼崎工業高校で開かれた「若年者ものづくり競技大会」の近畿地区予選で優勝。続いて8月に福岡市で開かれた全国大会では、同校の2年生として初めて銅賞に輝いた。

 同大会は、世界大会にもつながるプロの「技能五輪」に次ぐ難易度を誇る。緻密な作業に感心した大手自動車部品メーカー社員からは「将来は技能五輪を目指しては」との声も掛かる。井上さんは「来年はもっと上を目指し、部全体のレベルも高めたい」と話す。

 3年で部長の服部忠さん(17)=同県加東市=は7月に飾磨工業高校(姫路市)で開かれた高校生ものづくりコンテストの県大会で優勝。2年連続で準優勝に甘んじており「念願の優勝を果たせて良かった」。8月に尼崎工業高校で開かれた近畿地区予選では準優勝し、11月に尼崎で開かれる全国大会に駒を進めた。「優勝し、最高の形で後輩にバトンを引き継ぎたい」と意気込む。

 いずれも2年の藤本健矢さん(17)=同県稲美町=と中西琢磨さん(17)=同町=も負けてはいない。2人は幼稚園からの幼なじみで、高校生ものづくりコンテスト県大会では、藤本さんが3位に、中西さんが6位に入った。初挑戦の藤本さんは「優勝を狙っていたけど緊張してしまった」と振り返る。中西さんは「最初のミスを引きずった。2人で上位を独占したかった」と話し来年の飛躍を誓う。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ