北播

  • 印刷
学業成就のお守りと図書を児童に贈った船谷哲司さん(中央)=西在田小学校
拡大
学業成就のお守りと図書を児童に贈った船谷哲司さん(中央)=西在田小学校
新設された「船谷文庫」を子どもたちと眺める船谷哲司さん=西在田小学校
拡大
新設された「船谷文庫」を子どもたちと眺める船谷哲司さん=西在田小学校
伊勢神宮の「学業成就」のお守り
拡大
伊勢神宮の「学業成就」のお守り

 児童が飛ばした風船を見つけたのがきっかけで交流を続ける三重県伊勢市の建設会社「船谷建設」の社長、船谷哲司さん(47)が兵庫県加西市の西在田小学校を訪れ、1年生14人分の伊勢神宮のお守りと、約5万円分の図書33冊を贈った。船谷さんの同小訪問は4年目。2年目から寄贈している図書は114冊に増え、図書室に「船谷文庫」というコーナーが誕生した。

 同小は全校生84人の小さな学校。2016年11月、地域の歴史などを住民と歩いて学ぶ学校行事で、児童が願い事を書いた短冊を風船に付けて飛ばした。その中の一つが三重県明和町で同社が運営するメガソーラーの敷地に落ちた。短冊には「頭がかしこくなりますように」と書かれていたため、船谷さんが同月、学業成就のお守り全児童86人分を持って訪問した。

 子どものためにできることをと、2年目からは1年生のお守りと図書を贈るようになった。「シャーロック=ホームズの冒険」や「クリスマスキャロル」などの名作シリーズや伝記、絵本などを同小のリクエストに基づいて用意してきた。

 同小では受け取った図書を各学級に置いていたが、今回で100冊を超えることから新たにコーナーを設置。船谷さんが思いを込めて贈った本だということが分かるように「船谷文庫」と名付けた。

 贈呈式では、船谷さんが「風船が届いたとき、私は何かご縁を感じた。みんなの元気な声を聞いて、今日からまた一生懸命頑張れる」と語り、児童らはお礼の歌を披露した。6年生の男児(12)は「本が好きではなかったけど、船谷さんからもらった『ぼくらの七日間戦争』を読んで、少し好きになった」と感謝の言葉を述べた。

 「物だけでなく、心もいただいている」と吉村靖校長(56)。船谷さんは、3年前に拾った厚紙の短冊を今も社内に飾っているという。「短冊が届いたとき心に響くものがあった。それを大事にこれからもずっと訪問を続けていきたい」と話している。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ