北播

  • 印刷
伝統の衣装に身を包んで披露された田楽=加東市、上鴨川住吉神社(加東市提供)
拡大
伝統の衣装に身を包んで披露された田楽=加東市、上鴨川住吉神社(加東市提供)
鳥かぶとをかぶり矛を握って躍るリョンサンの舞=加東市、上鴨川住吉神社(加東市提供)
拡大
鳥かぶとをかぶり矛を握って躍るリョンサンの舞=加東市、上鴨川住吉神社(加東市提供)
斎灯に木をくべて炎を起こす氏子ら=加東市、上鴨川住吉神社(加東市提供)
拡大
斎灯に木をくべて炎を起こす氏子ら=加東市、上鴨川住吉神社(加東市提供)

 兵庫県加東市上鴨川の上鴨川住吉神社で5日、秋祭りの宵宮を迎え、国の重要無形民俗文化財「神事舞」が奉納された。鎌倉期前後の芸能を世襲的な制度で守り続けてきた祭事。木々を燃やす斎灯にほのかに照らされた境内で、伝統の衣装に身を包んだ青年ら「若衆」が笛や太鼓の音に合わせ厳かな舞を披露した。(中西大二)

 同神社秋祭りの宵宮と本宮で、五穀豊穣や無病息災を祈って演じられる。氏子の長男のみでつくる「宮座」制が厳格に守られ、舞の所作や祭りの約束事などを数百年に渡りしっかりと受け継いできた。鎌倉期の面影をとどめる古い能楽や猿楽の形態が見られるなど、全国的にも古い形式を伝えている。

 宵宮は、山間の集落が墨色に包まれたころ、たいまつの明かりに先導された若衆らの宮巡りから始まった。盃ごとの後、氏子たちが木をくべた斎灯が夜空を焦がす。続いて、鳥かぶとをかぶり矛を握りしめて踊るリョンサンの舞や獅子舞、打楽器のビンザサラと太鼓を打ちながら舞う田楽などが披露され、訪れた市民らの目を引いていた。

 6日の本宮でも宵宮の舞に加え、「能舞七番」が演じられた。

「神事舞」の写真集はこちら

北播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ