北播

  • 印刷
個性豊かな作品が並ぶ展示会=羅漢寺
拡大
個性豊かな作品が並ぶ展示会=羅漢寺

 兵庫県指定文化財の石仏群「五百羅漢」で知られる羅漢寺(加西市北条町北条)のミニギャラリーで、着物や帯をリメークした作品展「たんすのお宝」が開かれている。着物の柄などを生かした洋服やバッグ約40点が並ぶ。23日まで。

 加西市などの神戸新聞文化センター(KCC)で教室を開く森川恭子さんから月1回、同寺で習う同市や多可町、姫路市などの女性6人と森川さんが出品。前期が9日までで、後期の11~23日は「加西KCC」の生徒らが出展する。

 衣服は手縫いで、バッグは布用の接着剤などを使っている。作品を出した同寺住職の妻(76)は「若い頃に着た着物などがよみがえってうれしい。多くの人に家で眠っているものが日常に生かせることを知ってほしい」と話す。

 午前9時~午後4時。拝観料200円。同寺TEL0790・43・0580

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ