北播

  • 印刷
ナイーブな子どもたちの内面を表すような、インパクトのある作品が並ぶ=岡之山美術館
ナイーブな子どもたちの内面を表すような、インパクトのある作品が並ぶ=岡之山美術館

 京都市在住の現代美術家広田美乃さん(32)の個展が、兵庫県西脇市上比延町の岡之山美術館アトリエで開かれている。綿布を張った自作のパネルに、アクリルで描くのは繊細な子どもたちの姿。うつろな瞳で一見、感情がなさそうな少年少女だが、内に秘めた思いをにじませた18点を並べる。16日まで。

 「子どもの頃、思っていることを言葉にするのが苦手で、視覚的なものなら伝わるのでは」と現在の作風に至ったという広田さん。京都市立芸術大を卒業し、2013年に京都美術ビエンナーレ産経新聞社賞、2013京展市長賞などを受け、各地で展覧会を開くなど活躍する。

北播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ