北播

  • 印刷
職員提案制度で実現した観光用の看板=小野市古川町
職員提案制度で実現した観光用の看板=小野市古川町

 兵庫県小野市の魅力発信や経費削減案などについて、全職員約570人がアイデアを持ち寄る「職員提案制度」で本年度の提案が1075件に上り、4年連続で千件を超えた。職員が「意識改革」を合言葉に日頃から問題意識を持ち、市の業務を見詰め直す機会になっている。来年1月の仕事始め式で優秀な提案が表彰され、事業化が検討される。

 制度は約50年前に始まったが長年、年間数十件にとどまっていた。2005年度から募集時期を2カ月早めて6~7月に実施。翌年度の予算編成に間に合わせ、事業化をスムーズにしたところ応募が増えた。06年度からの評価制度で、職員提案制度の件数が評価項目に入ると400件超に。その後も順調に増え、16年度に初めて千件を突破した。

北播の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ