北播

  • 印刷
ブラジルの少年の宿題を手伝う小野高生=コミセンおの
ブラジルの少年の宿題を手伝う小野高生=コミセンおの

 NPO法人小野市国際交流協会が夏休み期間中、外国人の子どもたちを対象にした日本語教室をコミセンおの(兵庫県小野市王子町)で開いている。元小学校教諭や高校生ら約20人がボランティアとして登録。ブラジルやベトナムなどの子どもたちが夏休みの宿題をこなすのを手伝っている。

 同協会によると、小野市内には両親のいずれかが外国人の子ども(幼稚園児から中学生)が約30人いる。母国で成績が優秀だった子が、日本語が不自由なために孤立し不登校になるなど言葉の面でハンディキャップを抱えることも。このため、同協会は2017年から教室を開設。宿題をきちんと出せるよう支援するほか、俳句や暑中見舞い、折り紙など日本文化にも親しむ機会をつくっている。

北播の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ