北播

  • 印刷
自分で選んだ播州織の生地で浴衣を作った学生=西脇商工会議所
拡大
自分で選んだ播州織の生地で浴衣を作った学生=西脇商工会議所

 兵庫県西脇市内で播州織の浴衣を作る1泊2日のモニターツアーが開かれ、神戸芸術工科大(神戸市西区)の1年生7人が参加した。生地選びから型取り、縫製までを講師の助けも借りながら真剣に取り組み、自分だけの浴衣を完成させた。

 ツアーは西脇市と包括的連携協定を結ぶ関西学院大の学生が、同市を舞台とした授業で発案。昨年、初めて西脇商工会議所が実施した。今後、一般向けツアーを模索するという。

 参加者は初日、市内の小売店で約1時間かけて生地を選び、西脇市西脇の同会議所で型取りや裁断、縫製に取りかかった。襟や袖の縫製が特に難しいといい、2日目も朝から真剣な表情でミシンと向き合った。

 シックな色合いの浴衣を完成させた女子学生(19)は「難しかったけれど市販にはない浴衣ができて満足。黄緑色の帯を合わせてみたい」と話していた。

 参加者7人は、25日夜に同市西脇の市総合市民センターで開かれる「へその西脇・織物まつり」の播州織ファッションショーで、自作の浴衣を着て登場する予定。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ