北播

  • 印刷
9月にニューヨークでストリングアートの個展を開く美崎久美子さん。モノクロ写真のように見える鉛筆画も出展する=小野市内
拡大
9月にニューヨークでストリングアートの個展を開く美崎久美子さん。モノクロ写真のように見える鉛筆画も出展する=小野市内

 板に打ち付けたくぎに色鮮やかな糸を掛けて模様を描く「ストリングアート」に取り組む兵庫県小野市の美崎久美子さんが、9月26日からニューヨークで開く個展の開催費用をインターネットのクラウドファンディングで今月27日まで募っている。返礼品は心を込めて作ったストリングアートと精緻な鉛筆画。3月に離婚して子ども2人を引き取った。アートの世界で生計を立てていく決意を秘め「米国での経験を独り立ちするためのステップにしたい」と意気込む。(笠原次郎)

 明石市生まれで、明石高校美術科と大阪芸術大工芸学科で学び、卒業後はジュエリーデザイナーとして活躍。2004年の結婚を機に小野市に移住し、13年にストリングアートを始めた。多数のくぎを板に打ち付け、さまざまな色の糸を掛けていくと模様が浮かび上がる。ニューヨークでの個展に向け、90センチ四方の大作5点の制作を続ける。

 会場となる日本クラブギャラリーは社長らセレブが集まる会員制で、6日間の会場賃料は60万円超。パーティー開催費用や通訳への報酬、渡航費用などを含むと200万円かかる。当初はジャンルの異なる作家4、5人で分担する予定だったが、仲間が集まらず単独開催になった。会場には全国公募展で入賞した経験のある鉛筆画も並べる。

 離婚後はストリングアートのワークショップを札幌や東京など全国各地で意欲的に開催。空き時間は創作活動に専念している。外国での初個展について「新たな挑戦が、作品を生み出す原動力になっていてわくわくする」と話す。

 クラウドファンディングのサイト「キャンプファイヤー」で「ストリングアート」と検索。返礼品は3千円~30万円分をそろえる。28日午前0時まで。ワークショップの開催も受け付ける。

北播の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ