北播

  • 印刷
小野まつりのうちわデザインコンクールで大賞を受けた岩本幸星さん=河合中学校
拡大
小野まつりのうちわデザインコンクールで大賞を受けた岩本幸星さん=河合中学校

 8月17、18日に開かれる「第42回小野まつり」で配られるうちわのデザインが、河合中学校7年(1年)岩本幸星さん(12)の作品に決まった。ひまわりの丘公園(兵庫県小野市浄谷町)に咲き誇る花々と塔を色鮮やかに描いた。約2万5千本を作り、市内全世帯に配るほか、祭りの参加者にも提供する。

 実行委員会が市内4中学校と特別支援学校に呼び掛け、224点が集まった。市美術協会理事2人が審査し、「構図や色彩に安定感がある」と評価した岩本さんを大賞に選んだ。

 岩本さんによると、小野まつりは毎年訪れる「大好きなお祭り」で、小さい頃からうちわのデザインに採用されることを思い描いてきた。「私が描くなら、シンプルな構図で色鮮やかに」との思いを絵筆に託した。ひまわりの塔と小野の「小」を組み合わせ、赤色を使って目立たせた。

 大賞に選ばれたときには「やったー」と教室で叫んだほどの喜びだった。「祭りでどこを見ても自分のうちわがあると想像するだけでうれしくなる」と話している。

 寄せられた224点は、8月5~18日、市うるおい交流館エクラ(中島町)で展示される。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ