北播

  • 印刷
書道を楽しむ親子=小野特別支援学校
書道を楽しむ親子=小野特別支援学校

 兵庫県三木市のボランティアグループ「人権書道きらきら」が29日、同県小野市昭和町の小野特別支援学校で、小学部児童22人とその保護者に書道を楽しんでもらう会を開いた。元小学校教諭で前衛書家の藤原常貴さん(68)=三木市=が「みんなは素晴らしい才能を持っている」と呼び掛けると、子どもたちが「大好き!!お母さんお父さん」などと力強く書いた。

 同グループは知的障害がある次男琉輝さん(36)を持つ藤原さんが2000年、当時担任していた特別支援学級の教え子らに書道を教えたのが始まり。10年にはボランティアグループとなり、障害の有無や年齢に関わらず参加者を受け入れ始めた。現在は三木市立市民活動センター(末広1)で月1回、活動している。

北播の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ