北播

  • 印刷
夕暮れ時に照明で浮かび上がるモデルガーデン=加東市松尾
拡大
夕暮れ時に照明で浮かび上がるモデルガーデン=加東市松尾

 庭を癒やしの空間と捉え、心身の状態を整える「ガーデンセラピー」の考えを取り入れたモデルスペースが、兵庫県加東市内にお目見えした。四季を感じることができる広葉樹や香り高いハーブを植え、柔らかいライトで庭内を照らし、快適な空間を作り出している。

 建材を取り扱う富士川商事ヤシロ店(加東市松尾)が完成させた。ガーデンセラピーは欧州生まれの考え方で、庭を眺めるだけでなく、植物などを取り入れ、日常的に自然と接することで健康増進を図る療法。3年ほど前から日本でも広まりつつあるという。

 代表取締役の赤瀬伸さん(50)が5月末、北播磨でも珍しいモデルガーデンを開設した。「ストレス社会である現代、庭を心身共にリフレッシュできる身近な場所として提案したかった」と話す。

 コナラやアカシデなど広葉樹が育つモデルガーデンは約160平方メートル。木々が成長すれば木漏れ日を感じ、秋には紅葉、冬は落ち葉を楽しむことができる。水辺空間には岩場があり、せせらぎの音が響く。

 また、レンガ造りのピザ釜も設置。先月は会社関係者を招いて、庭でくつろぎながら出来たてのピザに舌鼓を打ったという。モデルガーデンは見学自由。「地域の憩いの場にもなれば」と赤瀬さん。

 同社では、小さな花壇から庭全体のデザインまで価格設定は幅広く、要望やサイズに応じて相談を受け付ける。3D画像で完成図を描き、体感することもできる。同社TEL0795・42・1030

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ