北播

  • 印刷
岩肌に咲いたセッコク=加東市、東条湖畔
拡大
岩肌に咲いたセッコク=加東市、東条湖畔
岩肌に咲いたセッコク=加東市、東条湖畔
拡大
岩肌に咲いたセッコク=加東市、東条湖畔

 野生ラン科の一種「セッコク」が兵庫県加東市の東条湖畔で咲き出した。白やピンクのかれんな花びらが風に揺れている。見頃は今月下旬ごろまでという。

 岩肌や大木の幹などに自生。山中の霧が深いところで咲くが、近年は乱獲や開発の影響で野生種は減っており、兵庫県版レッドデータブックで絶滅の危機にひんしていると言われる「Aランク」に指定される。

 東条湖畔の自生地は「鷲の巣窟」と言われる高さ約30メートルの岩壁。人が立ち入ることが難しい断崖の中央付近に群生し、湖畔を巡る遊覧船から遠目で見るしかないが、濃密な森の中で咲く姿は涼感を誘う。現場をよく知る会社役員(78)=三木市=は「例年以上に多く花を付けた」と喜ぶ。

 遊覧船は30分間でセッコクのほか湖畔の絶景ポイントを案内する。大人千円。子ども500円。定員は2人から(子どもは2人で1人分)。東条湖グランド赤坂TEL0795・47・0158

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ