北播

  • 印刷
岡田一実さん
拡大
岡田一実さん
栗木京子さん
拡大
栗木京子さん

 第11回小野市詩歌文学賞(神戸新聞社後援)の受賞者が決まった。短歌部門の栗木京子さん(64)=東京都足立区=による歌集「ランプの精」は「今日的な時代感や人間の存在に対する広い視野をもち、はるかな叙情も併せもっている」と評価された。俳句部門の岡田一実さん(42)=愛媛県松山市=による句集「記憶における沼とその他の在処」は「読む者の目を引きつけることばの輝きがあり、作者固有の若々しい世界が見える」とされた。

 同賞は2009年、兵庫県小野市出身の医師で歌人の上田三四二(1923~89年)の功績をたたえる市短歌フォーラム第20回記念大会を機に創設された。全国の主な歌人と俳人約300人に推薦を依頼。回答のあった約100人が、前年刊行の文芸作品の中から、1人1点の候補作を挙げた。

 推薦点数は重複も含めて短歌17点、俳句20点。このうち推薦数が多かった短歌3点と俳句5点から選考委員会が1点を選んだ。

 選考委員は、日本芸術院会員の歌人馬場あき子さん▽同院会員の俳人宇多喜代子さん▽宮中歌会始詠進歌選者の歌人永田和宏さん-が務めた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ