北播

  • 印刷
陽気に誘われ、見頃を迎えたソメイヨシノ=県立播磨中央公園
拡大
陽気に誘われ、見頃を迎えたソメイヨシノ=県立播磨中央公園

 兵庫県北播磨屈指のさくらの名所、加東市下滝野、県立播磨中央公園のソメイヨシノが見頃を迎えている。4日の北播磨地域は午前中から青空が広がり、気温が上昇。陽気に包まれた園内に、親子連れらの歓声が響き渡った。

 同公園管理事務所によると、3月下旬に天候が不安定な日が続いたため、満開のピークは例年より1週間ほどずれ込み、来週明けごろになるという。

 この日、孫と訪れた加東市の主婦は「毎年、楽しみにしている。朝は少し肌寒かったけれど、どんどん暖かくなってきて気持ちがいい」と笑顔で話していた。

 同園では現在、「さくらまつり」を開催しており、メイン会場の「桜の園」に露店が並ぶほか、午後6~9時に、約300個のちょうちんを点灯し園内を照らす。7日まで。同園TEL0795・48・5289

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ