北播

  • 印刷
近畿大会出場を前に、気合を入れる滝野中学男子バレーボール部のメンバー=加西市上宮木町
拡大
近畿大会出場を前に、気合を入れる滝野中学男子バレーボール部のメンバー=加西市上宮木町

 兵庫県加東市下滝野の滝野中学男子バレーボール部が、30日から和歌山市内で開かれる「近畿中学生バレーボール選抜優勝大会」に2年連続で出場する。昨年は1回戦で敗退しただけに、目標は初戦突破。「トップクラスのレベルの中で、どこまで自分たちのプレーが通じるか試したい」とメンバーは意気込んでいる。

 姫路市内で2月、36校が戦った兵庫県大会で3回戦まで勝ち進んだ。準決勝で強豪の太子西中(太子町)に敗れてベスト4に。近畿大会の出場枠は上位6校のため、辛くも出場権を得た。

 部員は17人。半数以上が中学からバレーを始めた。平均身長は165センチと決して高くはないが、守りでカバー。粘り強くボールを拾い、相手のミスを誘う。「我慢強さでは他校に負けていません」とメンバー。顧問の西山陽介教諭(26)も「泥臭いかもしれませんが、とにかくみんなで辛抱強くがモットー」と話す。

 攻撃の中心は2年の増田蓮主将。ネット際で左右からスパイクを放つエースで、正確なコントロールが得意だ。「全員でしっかり声を出して明るくプレーするのが滝野中学のバレー。応援してくれる地域の人や保護者のためにも恩返しを」と力強く話す。

 初戦の相手は奈良県3位の田原本中学。勝てば全国大会で優勝経験がある大阪府1位の昇陽中学と対決する。(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ