北播

  • 印刷
詐欺被害を防ぐのに活用した封筒を手にする小林優さん(左)と、署長感謝状を持つ藤本勉さん=小野署
拡大
詐欺被害を防ぐのに活用した封筒を手にする小林優さん(左)と、署長感謝状を持つ藤本勉さん=小野署

 インターネットを使った特殊詐欺の被害を防いだとして、兵庫県警小野署は7日、セブン-イレブン小野中町南店の店員小林優さん(23)=加東市=と、セブン-イレブン小野福住町店の店長藤本勉さん(54)=同市=に署長感謝状を贈った。

 小林さんは10月9日、16万円分の電子マネーを2回に分けて購入しようとした女性(37)を不審に思い、電子マネーのカード用に「全て詐欺!!」などと書かれた県警作成の詐欺防止啓発封筒を手渡した。

 女性は、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じて夫になりすました犯人から電子マネーを買うようにだまされていたという。夫に直接確認してもらい、被害を食い止めた小林さんは「被害に遭わなくて本当に良かった」と喜ぶ。

 藤本さんは10月21日、1人で来店した男性(68)が、インターネットサイトの退会費名目で10万円分の電子マネーを買おうとしているのを不審に思い、警察に届けるように促して被害を防いだ。藤本さんは「高額だったのでぴんときた。高齢の方をだますのは特に卑劣で許せない」と話していた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

  • 10℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

お知らせ