姫路

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県姫路市は「特別定額給付金」(現金10万円)のオンライン申請開始に合わせて設置したサポートコールセンターへの問い合わせが、4~7日の4日間で計1428件に上ったと明らかにした。マイナンバーカードを所有する世帯主のみ申請できるが、カードのなじみの薄さや申請方法の複雑さを背景に、問い合わせが相次いでいる。(井沢泰斗)

 市は20日の郵送申請に先立ってマイナンバーカードによるオンライン申請を始め、7日時点で4895件を受け付けた。コールセンターには申請手順や対応機器に関する問い合わせに加え、「パスワードが分からない」「読み取りがうまくいかない」などカードに関する相談が多かったという。

 そもそも今回の申請はカードだけでは手続きできない。まずカードを読み込むための機器(リーダー)かスマートフォンが必要。カードには「署名用電子証明書」が登録されており、交付時に設定した6~16桁のパスワードを打ち込む手順もある。

 市住民窓口センターによると、この電子証明書は「e-Tax(イータックス)」での利用以外に使用機会が少なく、登録していない人も一定数いる。さらにパスワードを複数回間違えるとロックがかかり、行政窓口で再設定する必要が生じる。大型連休明けの7日、市本庁舎の窓口にはカードの交付やパスワードの再設定を求める市民が詰めかけ、常時30~40人待ちの「3密」状態が続いた。

 「他自治体の窓口も同じ状況では」と同センターの担当者。「新しく交付するには2カ月半かかるので、今回の給付金申請は郵送の方が早い」と呼び掛けた。

 コールセンターは平日午前9時~午後5時。TEL079・221・1501

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ