姫路

  • 印刷
学校園の休校について延長要請の方針が示された対策本部会議=姫路市役所
拡大
学校園の休校について延長要請の方針が示された対策本部会議=姫路市役所

 兵庫県姫路市教育委員会は28日の臨時会議で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市立の幼稚園や小中学校などの休校期間を5月6日から31日まで延長すると決めた。登校日は設けず、部活動も実施しない。市教委は休校中の家庭学習支援としてオンライン教材の導入を急ぐ。

 市は市教委の会議に先立つ対策本部会議で、緊急事態宣言の延期の有無に応じた対応を確認した。市立保育所や認定こども園の受け入れを保護者の職種などに応じて限定する「特別保育」は、5月6日から9日まで期間を延ばし、それ以降は宣言が延長されるかどうかで判断する。学童保育も同様で、休校に伴う開所は31日まで続ける。

 同10日まで有料エリア全体を休止している姫路城については、宣言が継続された場合はその期限まで閉鎖を継続。解除された場合も、31日までは再開を見合わせる。動物園や美術館など他の観光文化施設も同様とする。

 清元秀泰市長は「大型連休が迫る中、外出自粛でストレスもたまっていると思うが、ここが感染抑制の正念場だ」と呼び掛けた。(井沢泰斗)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ