姫路

  • 印刷
姫路市役所
拡大
姫路市役所
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県姫路市は29日から当面の間、市内の公園16カ所にある大型遊具の利用を規制し、うち8カ所は駐車場も閉鎖する。子どもたちが密集し、新型コロナウイルス感染の危険性が高まる状況を防ぐための対応という。

 市によると、学校園の休みが長期化し、体育館やグラウンドの使用も制限される中、親子連れらの公園利用が急増。特に大型遊具は大勢の子どもたちが1カ所に集中するため、近隣住民から心配の声も相次いでいた。また桜山公園(同市太市中)など郊外で駐車場を備える公園は緊急事態宣言以前より利用が増加し、地域外から人が集まる傾向も見られたという。

 公園自体は利用でき、あずまやなど休憩施設についてはマスク着用の上、密接、密集を避けて使うよう注意を呼び掛けている。市公園緑地課の担当者は「行き場のない子どもの受け皿になっていた面もあり心苦しいが、対策をして散歩などに利用してもらえたら」としている。(井沢泰斗)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ