姫路

  • 印刷
大手前通りを歩いてイメージを膨らませたという「姫路のバス」
拡大
大手前通りを歩いてイメージを膨らませたという「姫路のバス」
毎日こつこつ制作した365枚が並ぶ「1日1車両」(提供写真)
拡大
毎日こつこつ制作した365枚が並ぶ「1日1車両」(提供写真)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県の姫路・西播地域でも次々とイベントが中止、延期されている。主催者や関係者には、催しを通じて伝えたかったこと、感じてほしかったことがきっとあるはず。そこで、こんなコーナーを始めることにしました。題して「中止、延期イベント ネットで開催」。ほんの一部ですが、この日、この時のために準備を進めてきた皆さんの企画や思いをネットで紹介します。(小林良多)

 姫路市書写の里・美術工芸館(同市書写)の開館25周年記念事業「夢をのせてGO! のりものイラスト 井上広大作品展」(3日夜に中止を決定)では、のりものイラストレーター・井上広大さん(27)=宝塚市=が1年間掛けて取り組んだ365枚の作品集「1日1車両」も展示される予定だった。

 同館の亀田正司学芸員(59)は2年前、知人を通じて井上さんの作品に触れ、「子どもに夢を与えられるはず」と同展を企画した。

 井上さんにとって本格的な個展は初めて。制作意欲を高め、毎日1枚、8センチ四方の紙に作品を描いた。開催に向けて準備を進めた会場では、電車やバスの正面の姿がびっしりと並べられるはずだった。

 展示予定だった計37点の中には姫路ゆかりのモチーフも多い。「姫路のバス」は、姫路城と神姫バスを組み合わせ播州らしさがあふれる。「赤い電車にのって」は、JR播但線の赤い車両を料理などとともに描いた。井上さんは「乗り物を通じ、兵庫や播磨の魅力を発信したい。次の展示へ向けて、よりパワーアップした作品を作っていきたい」と力を込めていた。

姫路の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ