姫路

  • 印刷
真っ暗な堂内を回り、たいまつを振り回す赤鬼=姫路市書写
真っ暗な堂内を回り、たいまつを振り回す赤鬼=姫路市書写

 千年続くとされる伝統の鬼追い会式「修正会」が18日、兵庫県姫路市書写の書写山円教寺で行われ、約600人の参拝客が詰めかけた。災厄を福に転じるといわれる赤鬼と青鬼が堂内を豪快に舞い、たいまつの火の粉を飛び散らせた。

 修正会に登場する赤鬼と青鬼は仏法を守る護法童子を表し、それぞれ「若天」「乙天」の名がある。2人は同寺を開いた性空上人に仕えた人物で、没後に毘沙門天と不動明王の化身として神格化されたという。

姫路の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ