姫路

  • 印刷
星野源さん(前列左から2人目)や高畑充希さん(同3人目)ら出演者が映画をアピールしたイベント=昨年8月、姫路市本町
拡大
星野源さん(前列左から2人目)や高畑充希さん(同3人目)ら出演者が映画をアピールしたイベント=昨年8月、姫路市本町

 映画やドラマのロケ地として地域を盛り上げ、まちを沸かせた自治体を表彰する「第10回ロケーションジャパン大賞」で、兵庫県姫路市が映画の世界観を再現した取り組みを評価する「行楽度部門」の特別賞を受けた。映画「引っ越し大名!」と連動した企画が評価された。

 ロケ地を通じて地域活性化を応援する雑誌「ロケーションジャパン」(地域活性プランニング発行)が主催。年に1度、ロケ地を巡った一般参加者による投票を基に、グランプリや特別賞など計7賞を決定している。今回は40作品の63地域がノミネートされた。

 「引っ越し大名!」は、生涯で計7回の国替えを強いられた姫路城主・松平直矩がモデルの映画で、昨年8月に公開された。

 姫路市では上映に合わせ、JR姫路駅周辺の商店街に映画を告知する横断幕を掲示したほか、ポスターの作製や出演者が登場するイベントも誘致。同市安富町の奥播磨かかしの里とも連携し、地域を盛り上げた。

 姫路フィルムコミッションの担当者は「映画というツールでまちを元気にできたと実感している。今後もロケを誘致し、映像を通して姫路の魅力を伝えたい」と話した。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(2月29日)

  • 9℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 1℃
  • 30%

  • 9℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

お知らせ