姫路

  • 印刷
新年へ向け、試験点灯が行われた約2千個のちょうちん=姫路市本町
拡大
新年へ向け、試験点灯が行われた約2千個のちょうちん=姫路市本町

 白鷺宮とも呼ばれる姫路護国神社(兵庫県姫路市本町)で27日、初詣客を迎える「新年万燈祭」の準備として、ちょうちん約2千個の試験点灯があった。元旦の午前0時に点灯され、令和初となる迎春ムードを高める。

 1978年から続く風物詩で、幅40メートル、奥行き30メートルにわたり、境内を覆うようにちょうちんがつるされる。播磨や但馬地域の戦没者遺族や地元の企業が寄贈したもので、主に正月にふるさとへ戻る先祖の御魂にささげる意味があるという。

 この日夕、同神社の神紋サクラを描いたちょうちんに明かりがともり、温かい光が境内を包んだ。泉和慶宮司(67)は「伝統を大切に思う若い人が増え、日本にとって飛躍の年になってほしい」と話していた。

 点灯は10日まで。三が日は日没から午後8時、4~10日は同7時まで。同神社TEL079・224・0896

(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(2月29日)

  • 9℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 1℃
  • 30%

  • 9℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

お知らせ